三度の飯より青が好き

アクセスカウンタ

zoom RSS これがヴェルディの底力 東京V 2-1 愛媛

<<   作成日時 : 2007/11/26 01:04   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2007年J2第51節
東京V 2-1 愛媛

フッキが出場停止で不在でも船越がいる。3ヶ月ぶりの先発で全得点の大仕事。
船越の2得点で苦手の愛媛に競り勝ち、最終節を前に札幌を抜いて首位浮上。
得失点差で圧倒的優位に立ち、J1復帰ほぼ確定。
画像

J2降格後、2年目のラモス政権。
フッキ、名波、服部、土屋、フランサと、元代表を含むJ1のレギュラークラスを次々獲得、
全盛期のヴェルディを彷彿させる個々の力でJ1復帰を狙った。
だが前半は下位に低迷し、ラモス解任寸前、昇格は絶望とまで言われた。
その後守備を中心にチームは立ち直り、フッキを中心とした攻撃力が機能し始めて
チームは尻上がりに勢いを増していった。
堅守で前半から独走した札幌が終盤足踏みを続けたことも幸いし、
ゴール直前でついに札幌を捕らえることに成功した。
こうなれば爆発的な攻撃力で稼いだ得失点差がものを言い、
「昇格安全圏」はもちろん、優勝も濃厚になった。

画像 画像

ヴェルディの、相手に前を向かせない包み込むような守り方や、
ボールを持っていない味方の動き方。数人が連動した流れるようなパス回し。
全盛期を思い出させる憎たらしいばかりに巧みなゲーム運びは、
愛媛も参考になるのではなかろうか。

愛媛は前半は中盤を制圧されて守備に忙殺され、
攻めてもヴェルディの巧みな守備に手を焼き、ボールが全くつながらなかった。
徐々に攻守が噛み合って一度は同点に追いついたが、
結果的に船越一人にかき回された形になってしまった。
終盤にも猛攻を仕掛けたが、とうとう追いつくことはできなかった。
決定力、中盤での攻守や判断力。やっぱりタレント軍団とは差があったかな…。
28日には天皇杯レッズ戦もある。守って粘って足元をすくえ!

ヴェルディは来季、エースのフッキが川崎に戻ることが確実視されている。
今日のような試合がコンスタントにできればそうそう崩れることはないであろうが、
上位に進出するにはフッキに代わる絶対的なストライカーの獲得が必要であろう。
一部報道では川崎のマギヌン獲得を狙っているとか…。
マギヌンはフッキとは対照的なチャンスメーカータイプなんだけどな…。
画像 画像

今日は昇格がかかったゲーム&秋の好天のせいか、14,245人も入った。家族連れ多し。
来年以降、これぐらいの客を普段の試合でもコンスタントに来場させられるだけの
試合の充実と営業努力が求められる。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
悔しい(対東京ヴェルディ1969)
魅せろ、伊予魂!愛媛FC(悔しい(対東京ヴェルディ1969)) 以上のホームペー ...続きを見る
ウインドミル
2007/11/30 12:30

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
これがヴェルディの底力 東京V 2-1 愛媛 三度の飯より青が好き/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる