三度の飯より青が好き

アクセスカウンタ

zoom RSS 理想と現実の狭間で その1

<<   作成日時 : 2007/09/05 01:09   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

あれから数日経ち、やっと対戦を振り返る余裕ができた。

まだシーズンは終わっていないが、リーグ制覇についてはほぼ絶望と思っている。
サポならば最後まで諦めず奇跡を信じろ、とお叱りを受けるのを承知のうえで。
ネガティヴなことばかりになることは明らかではあるが、
とりあえず川崎の現状を感じるままに書いてみたい。

1.最近の負けパターン
→攻めても攻めても決定機を外しまくって点が取れない
→そのうち、わずかな守備のスキをつかれて相手に先制される
→焦って反撃するも守備を固めた相手を崩せず
→前がかりになったところを逆にカウンターで更に失点
先制点を取れるかどうかで試合の行方が決まってしまうのが最近の川崎。
しかもその先制点が取れずにもがいているのが現実。

2.攻撃
昨年はジュニーニョ、我那覇、谷口、憲剛と2桁得点者が4人もいた。
加えてマルコン、箕輪などの攻撃参加もあって、多彩な得点パターンが見られた。
一方では後半を中心に失点も増え、
両ボランチの攻撃参加により守備が手薄なことが原因と言われていたが、
そのような代償があってこそ強力な攻撃が成立したということでもある。

それに対して今年。得点の多くはジュニ頼みになっている。
両ボランチが守備を重視するようになったからでは決してない。
中盤でのマークやプレスが厳しくなり、思うようなビルドアップができなくなっている。
そして今年特に顕著になり、低迷の元凶のように言われる、フィニッシュの不正確さ。
全員がシュートをここまで外し続けるのは、技術もさることながら
タイトルや注目に対する精神的なプレッシャーが大きいのではないか。
相手の守備、特にGKのポジショニングが絶妙で、シュートコースをうまく消されている、
と感じることも少なくないが。
結局、ジュニの好不調とテセの勢いに、勝敗の命運が懸かるような形になってしまった。
フィニッシュに至るまでの戦術にも疑問が湧いてくるが、後述。

3.守備
川崎が誇る不動の3バック。伊藤宏樹、寺田周平、箕輪義信。
国内屈指の高さとフィジカルの強さを武器に「川崎山脈」などと比喩され、
ここ数年間は怪我や出場停止以外ほぼ固定されてきたポジション。
だがこの3バックはスピードや足元に難がある。
そこで多くのチームはDFの背後にロングボールや速い縦パスを通し、
足の速いFWが飛び出すという戦法を執拗に採るようになった。
DFは後追いになり、振り切られてGKと1対1の場面を作られるか、
仕方なくファウルで止めて苦手のセットプレーで失点、という形に追い込まれてしまう。
セットプレーから先制点を献上して敗戦につながったのが清水戦、鹿島戦。
いずれも箕輪のファウルによるものだった。それも彼が出場した2試合連続。
今季の箕輪の守備は前半戦から安定に欠け、不用意なファウルが多すぎる。
年齢的な衰えなのか、単なる不調なのか。今の働きならば佐原の方がまだましだ。
宏樹も昨年までのキャプテンシーが見られず、単なる守備の一人になってしまった。
比較的好調を維持する周平が最終ライン中央で孤軍奮闘して何とか形になっている。

不動の3バックに対し、バックアップメンバーや次世代を担う若手DFの獲得・育成は
J2時代から指摘され続けてきたにも関わらず、ほとんど行われてこなかった。
現時点で使われている控えは佐原と期限付きの井川のみ。
ただし井川は終盤に右サイドとして起用されることがほとんどで、実質的に佐原一人。
昨年いた米山は1年で放出され、若手の大久保もJFLのFC琉球に出すなど、
今季も完全にこのメンバーだけで乗り切る構えだ。
川崎がDFの補強に消極的なのは、3バックの3選手に絶対的な信頼を寄せているだけでなく
攻撃的なサッカーで中盤を支配することで最終ラインへの負担は減らせるという、いわば
攻撃は最大の防御”の信念があってのことだろうか。
今のDFは周平とミノが30歳を超え、宏樹、佐原も29。
スピードや足元の部分でこれ以上のパフォーマンスを望むのは無理な年齢に達している。
今季残りの守備に対する対策はもちろん、来年以降も見据えたDFの整備を行う責任が
クラブにはある。
特に、それほど長身でなくても、スピードと足元の技術で相手をかわすことができるDFを
何らかの形で獲得することが、今後の巻き返しへの絶対条件だと思う。浦和の坪井タイプ。

守備についての関塚采配にも少し言及したい。全体的な采配に対する意見は後述。
鹿島戦後の会見で、監督はこう言った。
これからの戦いはもう少し全員の守備の意識を踏まえていかないといけないと思います
今まで“攻撃は最大の防御”的な考えでチーム作りを進めてきた関塚サッカーが
壁にぶつかって方向修正、と一度は解釈した。この解釈は数日後に覆されるのだが…。
アジア杯での中断期間中、4バックを試したと報じられもしたが、結局使っていない。
守備修正の方向性は現時点で見えてこない。

続く

 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
理想と現実の狭間で その1 三度の飯より青が好き/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる