三度の飯より青が好き

アクセスカウンタ

zoom RSS 俺達のサッカー2 限界か?前向きか? 川崎F 0-0 柏

<<   作成日時 : 2007/06/17 00:39   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2007年J1第15節
川崎F 0-0

今季、J1に復帰した柏。
言うまでもなく今の川崎の基礎を築いた石崎監督がチームを率い、
復帰早々上位に食い込んでいる。
試合前の選手・監督紹介でも、石崎監督に大拍手。
移籍していった選手や監督にブーイングを浴びせず拍手をするのは
川崎サポ特有の習慣だが、今日の拍手はひときわ大きかった。

画像

川崎はここ3試合勝利がない上、ジュニーニョが出場停止、
マギヌンが左足内転筋肉離れで戦線離脱、
鄭大世は東アジア選手権予選の北朝鮮代表に選出されて3試合欠場、と
攻撃陣の駒不足が顕著。
とはいえ、それでも他チームが羨む我那覇&黒津という代表候補の2トップ。
オシムが観戦する中、2人にとっては絶好のアピールの場であったが…。

連戦で他のポジションにもコンディションを落とす選手が続出。
CBの周平も欠場、勇介も45分限定での出場、と疲れがピークに来ている。

そしてこの日の天候。梅雨入り早々の中休みとなり、
30℃を越すカンカン照りの猛暑が、疲れた選手のスタミナを更に奪っていった。

試合後の会見での関塚監督らの談話、川崎のサポによるブログなどでも
前向きなコメントが目立った。このコンディションでよくやった、内容は悪くない、と。
確かにそうとも思う。
しかし、川崎が数々の不利な条件を背負って戦ってきたことを承知の上で、
あえてここでは辛口に課題を挙げていきたい。

結果的に無失点に抑えたのはいいが、川島のスーパーセーブに依るところが大きい。
昨年後半に顕著だった失点の多さは、
憲剛・谷口の両ボランチが頻繁に攻撃に上がり続けたことにより
守備が手薄になったため、と説明されてきた。
今季は昨年よりボランチの攻撃参加が減っているにもかかわらず守備が安定しない。
あまり言いたくないが、長年川崎の最終ラインを支えてきた長身3バック個々の衰えを
今年になって感じるようになってきた。
運動量のあるFWに激しくプレスをかけられて前線にボールを出せず、
縦パス一発で裏を突かれてピンチに陥る場面が非常に目立つ。
もともとの欠点でもあった足元やスピードでの競り負けに加え、
武器である高さでも制圧しきれなくなっているように見える。
加えて今季の特徴とも言えるセットプレーでの目を覆わんばかりの弱さ。マークのずれ。
個々の能力ばかりでなく戦術的な問題もあるのかもしれないが、
ミノや周平に代わる若手DFが台頭してこないツケがここへきて出始めているのではないか。
高さはなくてもスピードと足元の確かさ、読みの深さで制圧できるDFの獲得か台頭を
目指すべきと思う。

問題の2トップ。
我那覇はフル出場したものの、積極的にシュートを打ったのは前半のみで後半は消えていた。
黒津は絶好の村上の折り返しに合わせられなかったり、GKとの1対1を外したりと、
いくつものお膳立てに応えられないまま久木野と交代した。代表への道は遠そうだ。
二人とも自ら突破できるタイプではないだけに、やはりジュニのような存在は必要なのだろうな。

そして、攻撃のパターン。
「しっかりボールを奪ってからパスをつなぎながら相手の急所を突いていく」のが
関塚サッカーの信念でありこだわりである。
特に終盤。先週の名古屋戦に続き、最後までパスによる攻めにこだわった。
そのスタイルに、勝てなくてもサポは試合終了後、温かい声援とコールを贈った。
これだけ放り込みを拒否して「俺達のスタイル」にこだわる姿勢はある意味ですごい。
勝てないゲームが続いても、攻撃の駒が不足しても、決してスタイルを変えようとはしない
関塚監督の頑固さと信念は敬服に値する。
だが宏樹が「相手に研究されてきて点が取れなくなってきたところはある」と話していたように
この状態を打開する何かを考えているのかどうか。
今後欠場者が戻り、更にフランシスマールにも目処が立ちさえすれば
今のスタイルで後半戦に勝負できる、という判断か?
独走を続けるガンバ。浦和も田中達也が戻って快勝した。
もどかしさはあれど、関さんの信念が結実することを今は信じたい。

画像

余談。等々力で「柏バカ一代」が聴けたのは嬉しかった(笑)。岡山欠場は残念。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
結果的にはスコアレスドロー。ジュニーニョ、マギヌンや鄭大世がスタメン出場しているフロンターレにこの結果であれば喜ばしいところなのですが・・・・引いて守るチーム(横浜FCや大)には弱い柏なので攻撃的なゲームをするフロンタール戦には少しは期待していました。
フロンターレは確かに失点多いけど、両ボランチの攻撃的な布陣、結構魅力です。
実は、柏の次にフロンターレがお気に入りです。サポはゲスだけどガスも魅力ですが(笑)
柏は失点こそ少ないのですが、得点できなくなってきました。(攻撃的なサッカーをやめているわけではないのですが)
柏バカ一代ってホントバカでしょ。ウィー、ウィー、ウィーウィーウィー!ウィー、ウィー、ウィーウィーウィー!
うちらのサポの応援はリーグで一番オリジナリティーが高いし、ゲームフラも品がなく一番アホです。でもそれがいいですよね。
石さんへの祝福ありがとうございました。
それぞれイワオやオッチーのイエローカード気合は入ってましたね。
JC14
2007/06/18 20:00
直接記事に関係ないコメントでゴメンナサイ

今期J2は「シンジラレナーイ」事態になっていて、北海道では去年までが
嘘のように盛り上がってきています(笑)
ってことで、土曜に厚別に行って来ました。
あまり内容無いですが、blogにも上げております。
さとぼう
2007/06/18 22:25
JC14さん、お疲れさまでした。
確かに柏の攻撃も、李忠成や菅沼のプレスは効いたものの
フィニッシュの部分で難があるような気がしますね。
うちの黒津も決定的なシュートを2度外しましたが、
終了間際のドゥンビアもせっかくゴール前で奪ったボールを
同じように外していましたね。ヒヤリとしました。
巌は中盤の守備でいい仕事をしたと思います。
あれで川崎の攻撃が1テンポ2テンポ遅らされて威力が半減。
柏のサポは某ガスと違って相手チームをこき下ろさず、
自分たちのパフォーマンスで笑いを取るので好きです(笑)。

さとぼうさん、厚別に行きましたか。徳島戦ですね。
あの珍プレーを見られたのは本当にラッキーですよ。
これだからサッカー観戦はやめられません(笑)。
児山尚喜
2007/06/19 00:44

コメントする help

ニックネーム
本 文
俺達のサッカー2 限界か?前向きか? 川崎F 0-0 柏 三度の飯より青が好き/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる