三度の飯より青が好き

アクセスカウンタ

zoom RSS 久しぶりの川崎劇場・悲劇版 川崎F 1-1 大宮

<<   作成日時 : 2007/05/27 23:40   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

2007年J1第13節
川崎F 1-1 大宮

久しぶりの川崎劇場でしたな。それもバッドエンドの。
引いて守りを固めた大宮を攻めあぐねた挙句の、土壇場での失点。
サポとしてもストレスの溜まるドロー劇だった。

画像

関塚監督とジュニが出場停止、谷口が負傷欠場とはいえ、あまりに攻撃が単調すぎた。
単独でドリブル突破を仕掛けては大宮のDF網にやすやす引っかかり、シュートは大ホームラン。
ボールを持たされて攻め手がないままズルズル下がる。
我那覇、黒津とも得点に絡めず、代表入りアピールにも失敗した。
それでも流れるようにパスがうまくつながった大橋の先制点の場面は鮮やかだった。

このまま逃げ切れたらまずはハッピーではあったが、
守備が安定せず毎試合失点という川崎の弱点が最後の最後で露呈した。
終盤になって森田、若林と長身FWを次々投入し、パワープレーを仕掛けてきた大宮。
DFの裏にどんどんボールを放り込まれ、戻りが遅れて再三突破を許す。
そしてロスタイム、右サイドからのセンタリングをその若林にヘッドで押し込まれ、暗転。
消沈した選手たちに反撃の気力もなく、わずかなロスタイムにもゆっくりパスをつなごうとして
ミスをしたところでタイムアップ。

高畠コーチは後半、最近の逃げ切りパターンである井川投入を、もう一点取れそうとみて取り止めた。
DF佐原も負傷で欠いていたこともあり、守り切ることよりも攻めて点差をつける作戦を採った
のかもしれないが、結果論とはいえ裏目に出てしまった。

とにかく、タイトルを狙うチームが大分・大宮と降格争いにあえぐチームに対して連続で試合を
支配されたうえに勝点を落としたという事実は決して小さくない。
2週間の中断期間を利用して、チームの再構築を徹底的に行って欲しい。

画像

暫定最下位の大宮は、守りを固めて川崎の長所を消し、攻めてはロングボールを多用する
作戦を徹底したのが功を奏し、先制点の場面以外はほぼ完璧にゲームをコントロールした。
そして同点ゴールの若林、アシストの橋本早十と、交替選手の活躍で引き分けに持ち込めた。
采配面でも評価の芳しくなかったロバート監督(ピムの弟)だが、今日は采配ズバリだった。

同点ヘッドの若林学は、栃木県リーグの日立栃木、JFLの栃木SCを経て大宮に呼ばれた苦労人。
J2以下のチームにも興味のある私としては、こういう下積みの長い選手がJで活躍することは
大変喜ばしいことだと思う。が、今日は複雑だ(苦笑)。

今日の主審は因縁の家本。相変わらず訳の分からぬ判定の連続だったが、
とりあえず決定的な誤審はなく、それ以上に川崎が攻守にショボかったので
結果的に目立たずに済んだ印象(笑)。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
久しぶりの川崎劇場・悲劇版 川崎F 1-1 大宮 三度の飯より青が好き/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる